福岡観光ナビ

太宰府

~菅原道真公をお祀りする天満宮の総本社~
太宰府は「府」の文字が示す通り、飛鳥時代に筑前の国に置かれた地方行政府でした。
そこに無実の罪を着せられて都を追われた菅原道真が左遷され、失意の内に客死。
道真公亡き後、宮殿に雷が落ちたり政敵が次々と倒れるなど異変が続出したことから、道真公の祟りを恐れた朝廷により神として祀られました。
道真公の墓所に造営された太宰府天満宮の祭神とされ、現在では学問の神様として多くの参拝客を集め、広く親しまれています。

~境内の見どころ~
平安時代に造営された社殿は戦火によって焼失し、現在に伝わる檜皮葺の屋根と壮麗な朱塗りの本殿は桃山時代に再建されたものです。
この本殿の前、向かって右側にあるのが樹齢1000年を超すというご神木の「飛梅」。
都の屋敷に残された梅が主の道真公を慕い、一夜で太宰府まで飛んできてここに根付いたという伝説があり、今も早春に白く清らかな花が目を楽しませてくれます。
境内では他にも梅や桜、菖蒲などが植えられており、それぞれ花の季節には多くの花見客で賑わいます。

~これがお薦め!太宰府グルメ~
太宰府天満宮名物と言えば「梅が枝餅」ですね。
本殿の裏手へ進むとお茶屋が連なっていますが、なかでもさらに奥まったところにある、さだまさしの歌にも登場した「お石茶屋」がお薦めです。
かりっと焼けたあつあつの梅が枝餅はもちろん、うどんやおでんなど初詣や合格祈願の季節には体が温まる嬉しいメニューも並んでます。
梅昆布茶に梅干しが入った梅香茶も美味しいですよ。
ちなみに参道の途中にあるスターバックスも必見ものです。

 

門司港

~古くて新しい街、門司港~
九州を代表する福岡の玄関口、門司港。
大正時代に建設されたJR門司港駅を中心に、明治末期から昭和のはじめに造られた建造物と、国際友好記念図書館や門司港ホテルといった平成に入ってからの建造物が融合して、大正レトロの情緒漂う街となっています。

~門司港レトロの見どころ~
何と言っても「門司港駅」は必見。
木造2階建ての駅舎は国の重要文化財の指定を受けていて、ネオルネッサンス様式と呼ばれる洋風建築は門司港レトロの象徴です。
残念なことに現在は保存修理工事中の為、2018年予定の工事終了までその姿を見ることはできませんが、さらに100年後までも残る美しい姿で帰ってくるのを楽しみに待ちましょう。
門司港駅の向かい側は1階がレストラン、2階にはアインシュタイン博士が宿泊した部屋を再現したメモリアルルームがある「北九州市旧門司三井倶楽部」、その裏手に回れば八角形の塔とオレンジ色のレンガが特徴的な「北九州市旧大阪商船」など、大正時代の建造物が現役で使用されています。

~門司港女子旅~
そんな門司港レトロはカフェやレストラン、雑貨屋なども多く建ち並ぶ女子力磨きスポットでもあります。
ご当地グルメの焼きカレーが美味しいと某人気女優も太鼓判を押したという「ベアーフルーツ」。
赤レンガの「旧門司税関」1階にある「れとろこまちカフェ」は港を眺めながらお茶を楽しんだり、隣接するきものレンタルステーションで大正時代の女学生になりきってみたり。
商業施設の海峡プラザをはじめ、センスの良い雑貨屋さんもたくさんあるので、カメラ片手にお気に入りスポットを探してみて下さいね。

 

海の中道

~古代ロマンと福岡有数のレジャースポット~
神功皇后が三韓征伐の折、神楽を奉納して海神から宝玉を借り受けたという伝説があり、遺跡から貝塚や土器などが出土され、いかに古くからここが重要な土地であったかが推測される「海の中道」は、九州本土と志賀島を繋ぐ全長18キロの砂州。
「海の中道海浜公園」や「マリンワールド」といった大型施設にゴルフや海水浴も楽しめる人気のレジャースポットです。

~海の中道海浜公園~
遊園地、動物園、キャンプ場にプールなどなど、何でも揃った広大な公園です。
遊園地には観覧車やゴーカート、ミニSLなどの乗り物のほか、巨大トランポリンやローラーすべり台などの遊具がいっぱい。
幼児から小学生のお子さんまで一日中でも遊んでいられますよ。
動物園ではウサギやモルモットなどの小動物からリスザル・ポニー・羊・カピパラといった小さめの動物が飼育されていて、触ったりエサをあげたり動物の触れあいを楽しめます。
そしてネモフィラやコスモスが丘一面を覆い尽くして咲く花の丘へは、是非見頃をチェックしてお出かけして下さいね。

~マリンワールドもお忘れなく~
海浜公園のもう一つの目玉は貝殻をモチーフにした水族館・マリンワールド。
サメやエイ、イワシの大群が悠々と泳ぐ大パノラマ大水槽やトンネル水槽、イルカショーにラッコプールなど、子供はもちろん大人も楽しめる人気の水族館です。
スキューバダイビングのオープンウオーター以上の資格・免許を持った16歳以上の大人なら、大パノラマ水槽に入って魚と一緒に泳ぐことが出来るという耳寄り情報もあり。
イルカトレーナー体験もあり、大人でもちょっとチャレンジしてみたくなりますね。


 

能古島

~福岡市民の憩いの島~
博多湾に浮かぶ能古島には、テーマパークと博物館、キャンプ場や海水浴場があり、九州一の大都市からフェリーで10分の距離にありながら日常を忘れて楽しめるリゾートアイランドです。

~能古島で見る、遊ぶ~
島の北部一帯を占めるのこのしまアイランドパークには、キャンプ場やバーベキュー施設、”のこのこボール”というゴルフとゲートボールを足したようなオリジナルスポーツといったアウトドアレジャーの他、ヤギやウサギに餌をあげられるミニ動物園もあり、小さな子供連れでも楽しめる自然公園です。
ろくろや絵付けなどの陶芸体験も出来るので、オリジナルのお土産も作れます。
しかし何と言っても最大の目玉は四季折々の花畑。
早春の梅、菜の花から始まって桜やポピー、夏にはアジサイやひまわり、秋はコスモス、冬でも水仙や椿が彩りを添え、一年中目を楽しませてくれます。
海と一面の花畑を眺めれば、日頃溜まったストレスも消えて癒されますよ。

~能古島で食べる、買う~
能古島名物といえばやっぱり能古うどん。
コシが無く柔らかい博多うどんと異なり、細めの麺はコシがあり喉越しの良さが特徴です。
パーク内の「耕ちゃんうどん」や船着き場の「長栄丸」で頂けます。
長栄丸は漁師さんが営業するお店なので、焼き牡蠣や漁師丼などの新鮮ぷりぷりな海の幸も美味しいですよ。
お腹がいっぱいになったら島の名産品・甘夏を使った甘夏ポン酢をお土産にどうぞ。
春はアサリ、冬は牡蠣の販売もあります。

 

糸島

~人気赤丸急上昇、糸島の魅力~
福岡の中心部のすぐ隣にあるものの、開けた平野が低い山々や海に囲まれている自然豊かな地域で、街並みものどかな風情が漂う糸島。
電車も市の中心をJR筑肥線が一本通っているのみ、交通の便もさほど良いとは言えず、大きな商業施設があるわけでもない地方都市ですが、福岡のタウン情報誌による2013年住みたい街ランキング1位に輝き、近年は観光スポットとしても熱い注目を浴びています。
その人気の理由をご紹介しましょう!

~窯元やクラフト作家の工房多し!~
穏やかな自然がアーティストの感性を刺激するのか、糸島には陶器の窯元をはじめガラス工芸や木工クラフト、アクセサリーや手芸品など様々なアーティストが工房を構えています。
「タビノキセキ」のアロマペンダントや「うつわと手仕事の店 研」のぐい呑みなどが手頃でお土産にもぴったり。
そして工房で創られた作品を扱うセンスの良い雑貨屋さん、手作りスイーツやパンのお店、カフェやレストランも糸島にはたくさんあり、カシミールカレーが人気の「うるしカレー」、花塩プリンが看板メニューの「Sumi Cafe」など、お薦めしたいお店があり過ぎて困るほど。
ただほとんどのお店が住宅街にある普通の民家だったり、「ほんとにこんなところにお店があるの?」と不安になっちゃうような山の中にあったりと、知らなければ通り過ぎてしまうようなさりげない佇まい。
宝探し気分で自分好みの素敵なお店を見つけて下さい。

~忘れちゃいけない糸島の自然~
もちろん風光明媚な自然が残る糸島です。
ショップ以外にも見どころはたくさん!
紅葉の名所として名高い「雷山千如寺大悲王院」、しめ縄で結ばれた夫婦岩が浮かぶ「二見ヶ浦」はロマンティックな夕陽スポット。
マリンブルーの海水浴場やマイナスイオンたっぷりの白糸の滝などはデートでもファミリーでも楽しめます。

 

中州・キャナルシティ

~博多きっての歓楽街・中州~
那珂川と博多川に囲まれた中の島は、そのまま中州と呼ばれ博多一の歓楽街として賑わっています。
バーやキャバレーが軒を並べるアダルティな街ですが、博多名物の屋台が集中する為観光スポットとしても有名です。
そんな中州へ行くなら絶対お薦めのお店をご紹介します。

~ランチ?ディナー?それとも屋台?~
福岡と言えば思い浮かぶのはもつ鍋、鶏の水炊き、めんたいこ。
定番中の定番ですが、旅の思い出や土産話に一度は本場で食べておきたいですよね。
もつ鍋でお薦めは「博多もつ鍋しろいち」。
二人前からのオーダーが多いもつ鍋ですが、こちらは一人前でもOKなので、一人でも鍋を楽しめます。
博多川通りをそのまま進むとワシントンホテルプラザ隣に建つ、明治創業の老舗「吉塚うなぎ屋」もお薦め。
皮はぱりっと、身はふっくらな焼き上がりの鰻と甘めのタレ、炊きたてご飯が絶妙なハーモニーを奏でてます。
博多名物とはちょっと違うかも知れませんが、ランチタイムなどは行列もできる博多を代表する名店です。
国体通りに戻ってキャナルシティのはす向かい、カウンターと小上がり3席しかない小さなお店ですが、博多名物の一口餃子専門店「旭軒」も是非寄ってみて下さい。
屋台ならラーメンの「呑龍」や天ぷらの「もり」、中州をちょっと出て天神の「あほたれーの」などをお薦めしますが、ご自分であちこち食べ比べ、お気に入りの屋台を見つけるのも楽しいですよ。

~デートで行くならキャナルシティへ~
博多川沿いに建つキャナルシティはショッピングやカルチャー、食事を楽しめる巨大商業施設。
「運河(キャナル)」を冠するだけあって敷地内に流れる水辺では、噴水ショーや様々なイベントが行われます。
映画館や劇場でお芝居を堪能した後はイルミネーション見物しながらグランドハイアット福岡のホテルバーで一杯、なんてデートコースはいかがですか?

 

秋月城趾

~つわもの達の夢の跡~
福岡市街地から車でおよそ1時間、県のほぼ中央に位置する朝倉市の北部にある秋月城趾は、鎌倉時代末期に秋月氏によって築城されました。
秋月氏が豊臣秀吉に敗れて後は一旦廃城となり、江戸時代にこの地方を与えられた黒田氏が大幅な改修を行って居城としましたが、明治時代に廃城。
残された長屋門や城下町の名残が秋月城の歴史を今に伝えてくれます。

~城趾と城下町~
お城自体はすでに無く、石垣と長屋門、黒門が残るばかりですが、黒門の先の苔むす石段、その先に建てられた垂裕神社の社殿など、風格と歴史を感じさせて見応えがあります。
またお城の前からまっすぐに伸びる道は「杉の馬場」と呼ばれ、武士が馬術の稽古をしていた道なのだとか。
名前通りもともとは杉の並木通りでしたが明治時代に桜に植え替えられ、今では春に見事な桜のトンネルが見られます。
この道の両脇にお茶屋や土産物屋がほどよく点在し、武家屋敷風の秋月郷土館や美術館なども建っています。
城下町入り口のランドマーク「目鏡橋」は江戸時代に架けられて200年以上が経っていますが、車も通行できる生活道路として今も現役。
上流・下流のどちらから見ても絵になる橋です。
また街並み全体が景観保全されていて、ごみステーションが凝ったデザインだったり、一般の民家にも白壁や石垣が使われていたりと、野鳥川や山里の美しい景色とあいまって、どこか懐かしささえ覚える情緒が漂います。
杉の馬場に限らず至るところに桜や花木が植えられ、花の季節はもとより紅葉の季節も言葉にできない美しさ。
ただ街を歩くだけでも十分に楽しめる福岡の奥座敷です。

 

柳川

~癒しの水郷・北原白秋生誕の地~
福岡県南西部の小さな都市、柳川。
「あめあめふれふれ かあさんが」「この道はいつか来た道」など、今なお人々の記憶に残る多くの詩や童謡を遺した詩人・北原白秋の生誕地として有名ですね。
お堀めぐりに代表される柳川情緒に浸り、ゆったりとした癒しの時間を過ごしませんか?

~柳川情緒を味わいたいなら外せないお堀めぐり~
柳川市内を縦横無尽に走る堀割は、戦国時代の武将・蒲池氏が水の防壁として開発されたことに端を発します。
昭和40年代に入って堀割は次第に荒廃したものの、行政と市民の努力により再生され堀割は柳川観光最大の目玉。
市内数カ所にある船乗り場から名物のどんこ船に乗り、いずれも一時間前後のお堀めぐりを楽しめます。
まどろんでいるかのようにとろりと静かな堀川、柔らかく木陰を作る川縁の柳、その下をゆっくりと滑ってゆくどんこ船と船頭さんの笠。
なまこ塀や赤煉瓦の並倉の眺めは時間の流れが止まったように感じる一方、一般の民家と民家の間を行けば堀と人々の暮らしが密着しているベニスにいるような気分に浸れます。
夜の観月船や冬のこたつ船など、四季折々の特色あるお堀めぐりも格別ですよ。

~白秋生家と立花氏邸宅~
造り酒屋の豪商だった白秋の生家はその大半を明治の火災で失いましたが、かろうじて残った母屋を改修し、現在は白秋記念館として一般に開放されています。
記念から堀割沿いに東へ歩いて5分、江戸時代からこの地を治めた立花氏の邸宅で、明治末期に新調された和洋折衷のモダンな建物や、広大な池を中心に多くの松を配置した庭園が現存し、料亭旅館として営業しています。
代々の柳川藩主が愛した庭園を眺めつつ、柳川名物ウナギのせいろ蒸しを頂く、なんていかがですか?


 

宗像大社

~航海の安全を司る三女神~
天照大神の息から生まれたとされる田心姫神・湍津姫神・市杵島姫神の三女神は、天皇家を守護するよう天照大神より命を受けて宗像の地に降り立ったと伝えられています。
田心姫神を祀る沖津宮は玄界灘に浮かぶ孤島・沖の島にあり、こちらは女人禁制、男性も上陸前に海中で禊ぎを行うなど厳しい戒律で守られた神の島。
その手前、筑前大島には湍津姫神を祀る中津宮。
そして宗像市内の釣川沿いに市杵島姫神を祀る辺津宮が鎮座しており、この三宮が総じて宗像大社と呼ばれ、航海・交通安全の守護神として崇敬を集めています。

~三宮の見どころ~
古来から島そのものがご神体とされた沖ノ島は、昭和の発掘調査で古墳時代から平安時代の間に執り行われた祭祀の宝物が発見されました。
その数はなんと8万点。銅鏡や刀剣、玉や装飾品などの発掘品は国宝指定を受け、辺津宮の神宝館で見ることができます。
また辺津宮の高宮参道を上った先にある、木立に囲まれた古代祭場は宗像三女神が降臨したと言われる聖地。
祭場のみならずご神域すべてが強いパワースポットとされていて、特に言霊の力が強いので絵馬を書くと霊験あらたかと言われています。
玉の輿運が高まるという、婚活中の方に耳寄りな噂もあるのだとか。
ちなみに中津宮は七夕伝説発祥の地でもあり、もちろん縁結びにご利益があるとのこと。
大島まで渡るのでしたら、漁港近くにある道祖神をお祀りした小夜嶋神社も是非合わせてお参りしてみて下さい。

 

スペースワールド

~宇宙をテーマにした遊園地~
北九州を代表するテーマパークのスペースワールド。
日本人の野口宇宙飛行士が登場したNASAの宇宙船、ディスカバリー号の実物大モデルがランドマークになっています。
絶叫マシンや宇宙に関連した展示などが目玉になっていて、ちょっとした非日常ワールドを味わえる遊園地です。
蘊蓄話として、ユニバーサルスタジオジャパンの進出候補地でもありましたが大阪に決定してしまったという経緯があるのだとか。

~これに乗らなきゃ来た甲斐がない!~
最大傾斜角度60度、最高速度115km/hの「タイタン」、ひねりと地面すれすれを行くスリルがたまらない「ヴィーナス」、発射2.5秒で時速130キロに到達する「ザターン」の3大コースターはマスト!
痺れるようなスリルと開放感は癖になりますよ。
豪快な水飛沫を楽しむ「ツインマーキュリー」や「惑星アクア」、4Dシアターや3Dプラネタリウムもお薦めです。
カップルなら観覧車「スペースアイ」とお化け屋敷の「エイリアンパニック エボリューション」が鉄板。
もちろん小さなお子様が楽しめるよう、ふわふわトランポリンやボールプールとジャングルジムが合体した「スペースキッズ」、ジェットコースター「クリッパー」などお子様向けアトラクションもいっぱいです。
さらに夏はレジャープール、冬はアイススケートもオープンし、大人から子供まで一年中遊べます。

~宇宙からのお土産?~
スペースワールドオリジナルキャラクター・ラッキーラビットのグッズはもちろん人気のお土産ですが、こちらで強くお薦めしたいのは宇宙食。
実際に宇宙飛行士達が口にしている本物の宇宙食なんて、よそではなかなかお目にかかれません。
フリーズドライのアイスクリームやカレーライスなど、小さな宇宙体験を是非お土産にどうぞ。

 

PR:車下取りの査定でより高く見積もってもらう方法

自動車の下取りとは他の車に買い替えるため今の車を引き取ってもらって、その売却金額を新しく購入する車の購入費用として充てるものです。また、買取りとは単に不要になったたため他の自動車を購入するとかとは関係なく、売却するだけのことを言います。

廃車寸前の場合においては下取りとして処理してもらった方が諸事楽ですし、買取りとしてもらう際であればある程度の年式や車種、その色であるとか様々な要因で金額が変わりますが、抹消登録してスクラップにすることは費用が掛かるだけですので、可能であれば下取りとして出して多少なりともお金へと換金したほうがよいことが多くあります。

買取りだけの場合は、ある程度の価値がある場合などはこちらの処理の方が高く売れることが多くありますので、どちらがよいのかはその時の状況次第で考えることが大切になります。

下取りの場合はどのような状態で売り物として利用できない場合でも引き取ってくれる場合が多くあります。それは引き取らないと回答したがため別の店舗へと客が逃げることを嫌がっているためだと考えられますが、多少なりとも処理費用が掛かったとしても、改めて購入してもらったほうが売り上げとなるし、そちらのほうが結果的によいだろうという判断が業者に働いているということもあります。

いずれにしても改めて買い替える予定がある場合には、そのことを念頭に置いて業者と交渉するようにすることが大切であることはもちろん、インターネットで査定を依頼するなどしてより高く売れるのであれば、どちらの方法を利用するのも考える必要があります。


より高く車を売却するには一括査定がおすすめ

車を高値で売る為にはどうすれば良いのかと言いますと、特に重要になるのが業者を比較する事です。

買取をしてくれる業者ごとに査定額の付け方が異なりますので、高く売る為にも比較をしてみなければいけません。
ただ、そこで気になってしまうのが手間が掛かるという事です。

しかし、そんな時でも車一括査定を活用する事によって手間を解消する事ができます。
車一括査定はオンラインで複数業者に査定依頼を出す事ができるサービスの事ですが、車を売りたいと思った時に簡単な申込みをするだけで一気に沢山の業者の査定額をチェックする事ができますので、簡単に比較を行う事ができるようになるのです。

また、車一括査定には沢山の業者が参加しているという利点もあります。
車を高く売る為には色々な規模の業者の査定価格をチェックしてみる事が大切になりますが、車一括査定には大手業者をはじめ、中小業者も参加していますので、幅広く情報を集める事ができるのです。

楽に沢山の業者の査定額を知る事ができるのは車一括査定の大きな強みですが、他にもメリットがあります。
それは手間暇を掛けずに業者から高値を引き出す事ができるという事です。

なぜなら一括して査定依頼を出す事で、業者側からすればライバル業者がいる状況になりますので、自然とライバル業者を意識した価格をユーザーに提示するようになるのです。

そのため、値上げ交渉をする必要もなく、楽々高い査定額を付けてもらえるようになります。

>>車下取り査定で高く売るポイントを解説<<